二度目の祇園祭

2018年、夏。

京都の夏と言えば?・・・ってのは沢山あるんですが、中でもビッグイベントなのがやっぱり祇園祭ですよね

( ̄▽+ ̄*) 

f:id:mockingbird916:20180716071014j:plain

昨日、祇園祭宵々山でした。

厳密には前祭(さきまつり)宵々山

 

俺は去年が初めてだった祇園祭は、宵々々山宵山での参加でしたが、今年はその間、宵々山からです(笑)

 

 

ちゃんと調べたわけじゃないんだけど、確か歩行者天国になるのは夕方からだったよなぁ~・・・と思って、18時前くらいに現地着でした。

「祭の前に、まずはちゃんとお参りしなきゃね!」

ってことで八坂神社へと向かったのですが、その途中で

祇園篠笛倶楽部さん御一行。

f:id:mockingbird916:20180716071041j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180716071055j:plain

歩きながら演奏して移動してたのですが、ちょうど俺とすれ違うかどうかってところで立ち止まって演奏してくれました♪

 

「お~、祭だ、祭の音だ・・・ヘ(゚∀゚*)ノ」

 

八坂さん着。

f:id:mockingbird916:20180716071123j:plain

中も外も人だらけです( ;´▽`A``

 

お参りも済ませて、去年と同じ(ってゆーか、きっと毎年ずっと同じなんでしょうね(笑) 

f:id:mockingbird916:20180716071205j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180716071216j:plain

ではでは、いざ山鉾見学と洒落込もうじゃないか。

行くぜ、歩行者天国と化した四条通

f:id:mockingbird916:20180716071255j:plain

 

って、向かってる途中でサッポロヱビスビールのイベントで、祇園祭で舞妓さんにビールをついでもらって美味しく飲もう会』(←正式名称ではないです(笑))が開かれてまして、俺が通りかかった時は開場直前だったようで、入り口から長蛇の列になってました。

俺はビール飲まないので並んでてもしょうがないんだけど、ここではビールついでもらった上に、その舞妓さんとちょっとだけお話もできるようです。

f:id:mockingbird916:20180716071356j:plain

主に京都府外の観光客だったんでしょうが、出口から覗いて見れる舞妓さん達を見て、

「あ、舞妓さんだー!」

「あ、ホントだ!いる!」

みたいな会話があっちこっちから聞こえてました。

並んでないし、このイベントに参加するでもないのに、みんな出口から見える舞妓さんを撮る撮る(笑)

ま、俺も同じ気持ちだったし、こうして写真撮ったりしてたんだけどね(笑)

「私京都に住んでるけど初めて(舞妓さん)見たわ・・・」

って言ってる女子が俺のすぐ後ろにいました(笑)

あ、そういうもんなんだ?

(;・∀・)

 

 

四条大橋から鴨川を渡り・・・

f:id:mockingbird916:20180716071449j:plain

本格的な歩行者天国

わかってたけど、すんげー人の数。

f:id:mockingbird916:20180716071514j:plain

これだけの人数いるけど、さて、地元京都の人はどれくらいいて、観光客がどれくらいいて、さらには日本国外から来られてる人はどれくらいいるんでしょうか・・・。

統計取ってその割合を見てみたい。

 

近付いてきました祇園祭の象徴、山鉾

f:id:mockingbird916:20180716071543j:plain

 

長刀鉾 

f:id:mockingbird916:20180716071612j:plain

 

函谷鉾

f:id:mockingbird916:20180716071745j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180716071757j:plain

いわゆる“コンチキチン”という祇園囃子

各鉾それぞれで演奏されるので、それはもう賑やかなもんですよ

(≧▽≦)

 

何とはなく気に入っている月鉾 

f:id:mockingbird916:20180716071818j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180716071838j:plain

俺がここに着いた時にちょうど囃子の演奏を始めるところでした。

しばらくは聞いてたんだけど、あまりにも人の流れが激しいからその場でじっと立ってるのも邪魔になるし・・・と、仕方なくまた歩き始めましたよ

(;´▽`A``

 

自分のバンドが(今のところ)京都で唯一お世話になってるライヴハウス京都MOJOさん

今年もまた出店されてました

f:id:mockingbird916:20180716071929j:plain

マスコットのモージョ君は出店の手伝いではなく通常業務をされてましたが・・・(笑)

今日開かれてるライヴイベントの看板・・・なんだけど、祇園祭の日でもライヴイベントは開かれてるのね。

 

 

f:id:mockingbird916:20180716072341j:plain

日本三大祭りの一つ、京都の祇園祭

きっと毎年のことなんだろうけど、今年俺が歩いてて気になったと言うか、目に留まったのが子供達の活躍。

それぞれの鉾のテントで売り子をしてたりね。

「粽(ちまき)はどうですかぁ~?」

って大きな声で何度も・・・ね。

 

他にも、あれは何て呼ぶんだろ?

お経ではないんだけど、囃子に合わせて何か唱えてる(歌ってる?)子供達もいて、お祭りだから当たり前と言えば当たり前なんだけど、みんな浴衣だったり鉾の法被だったりで、なぁんか一生懸命で可愛らしくてさ。

おっさんそういうのに和みを感じたりして写真撮っちゃってたんだけど、さすがに子供の顔がバッチリ写ってるものを無断にネット上にアップはできないのでここには貼れませんがね

( ;´▽`A`` 

それとね、出店屋台の方でも子供の活躍もありまして・・・。

多分お母さんだろね、そのお手伝いで小学生高学年くらいの女の子が一緒にたこ焼きを焼いててさ。

あれくらいの歳だったらお店側じゃなくて友達と一緒にお祭りに遊びに行きたいだろうに、この暑い中暑い場所で熱いことのお手伝いなんて、偉いねぇ・・・って、これまたおっさんそういうのに和みを感じたりして写真撮っちゃってたんだけd(ry

 

 

せっかく今年も来れたんだから、去年とは違うコースを歩こうと思ってたんですが、まぁ人が多いこと多いこと。

それに、元々歩くコースを決めてなくて行き当たりばったりで歩いてたもんだから、結局人の流れに乗っかって歩くことになっちゃうのよね(笑)

去年と同じ道を同じように歩いてしまってましたよ

( ;´∀`)

折り返して帰り道は去年とは違う道を歩くぞ!と思いはしたものの、出店屋台のある方へ惹かれて歩いたりしてると

「あ、ここ去年も入った小路かも・・・」

 

開き直りです。

ま、いーじゃん

(o^-')b

 

f:id:mockingbird916:20180716072410j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180716072430j:plain

 

時間も時間だから、お腹も空いてきてて、焼きそばとか食べながら歩いて行こうかとも思ってたんだけど、落ち着いて食える場所なんてねーよ(笑)

お店は営業してるけど入れる隙間なんてねーよ(笑)

 

開き直りです。

ま、別に祭りに来たからってその祭りの中で食べなきゃいけないってわけでもないじゃん

┐( ̄ヘ ̄)┌

家に帰る道中に何か食って帰ろう・・・と(笑)

 

 

 

京都住まい初心者の域をまだまだ脱することもないまま今年も迎えた祇園祭ですが、満足ですよ♪

本日宵山

そして明日はメインイベントの山鉾巡行

 

さすがに明日はもうド平日になるので今年も巡行を見るのは無理ですが、今日はまだ予定を空けてるから宵山もまた遊びに行ってもいいかもなぁ~って考えたりもしてます。

 

 

京都に住んで

そもそもここのブログは、【京都へ移住するまでにどのように過ごしたか】とか、【京都に移住してからどのように過ごしてるか】について書いていこうとして立ち上げたはずなのに、ここ最近は京都観光記事とかラーメン記事とかばかりで、どうにも【京都移住】についての話をほとんどしていないのではないか?・・・と

( ;´▽`A``

 

なので、今回はその辺のことを書いてみようと思います。

 

とは言え、【京都へ移住するまでにどのように過ごしたか】というのについては過去記事でそれなり触れてたし、俺の場合は大阪住まいから仕事も辞めて京都ゼロスターをしたのもあって、就職活動についてもそこそこ触れてきたので、ここでは省くとします。

要するに、「移住してからもうすぐ二度目の夏を迎える頃だけど、お前どうしてんの?」ってなことを書いてみますね(笑)

 

 

お仕事については、再々就職したお仕事が順調に続いてまして、車やカードのローンなんかはありますが、ごく普通に生活するのには困らない程度の暮らしを送れています。

しっかり京都観光客気分を味わいながら、楽しみながら日々暮らせてますよ♪

趣味のバンド活動も継続できてますし、音楽以外の趣味であるアニヲタ的な活動(?)もちゃんと継続できてます。

辛いことやキツいこともそりゃありますけど、毎日楽しいぜ(笑)

 

 

さて、京都という街で暮らしていて、以前に長年住んでいた大阪との違いも多々あるわけで、それは気候だったり、街の様子だったり、人だったり様々ですが、結局は自分が思っていた(憧れていた)京都暮らしと実際に今自分が送っている京都暮らしの差がどれだけのものかというのと、その違いをどれだけ許せる許容範囲を自分の中に持っているか・・・だと思うんですよ。

 

京都に友達0ですよ。

ちなみに、彼女もいないです。

職場では一緒に働いている若い連中もいて仲良くしてもらってますが、普段休みの日に一緒に遊びに行くようなことはないし、ってゆーかむしろ休みの日は自分の用事(京都観光やバンド活動、アニヲタ活動)で忙しいから職場の連中と過ごすことなんてほぼないです(笑)

 

大阪住まいの頃からの友達が京都まで遊びに来てくれるから、そういう時には京都で友達と楽しく過ごしてますが、基本的に京都内で何かをする時はお一人様です。

 

これはこれから京都移住を考えてる人に当てはめて考えてもらえることではないと思いますが、あくまでも俺の場合ってやつで、俺はお一人様の楽しみ方をすでにわかってるというのと、この京都暮らしが100パー思い通りではないにしても、十分上記の許容範囲内であることから京都暮らしが続けられてるんだと思われます。

 

俺が住んでるところ、京都市西京区某所。

確かに京都市ではあるけれど、西京区ってのが京都市の端っこにある区で、さらにその西京区の中でも端っこの方に住んでるので、ここには観光客のみなさんが喜ぶであろう“京都感”は皆無です(笑)

一言で言えば、田舎ですよ(笑)

“ド”は付きませんがね(笑)

でも車があるし、国道が自宅すぐ近くから伸びてるので街へのアクセスで不便はないし、一応電車やバスを利用する時にはバス停が自宅徒歩5分以内の距離にはあります。

最近は飲食店も新たにオープンするのも目立ってるし、ってゆーか俺好みのお店が近所に増えたので

「あ、この街選んで正解だったかも♪」

なぁんて思ったりもしてます(笑)

 

趣味の京都観光については、超有名な嵐山が近いですし、穴場と言っても過言ではない京都西山の観光地の神社やお寺が程々に近いので、四季折々に観光を楽しむこともできます。

もちろん大阪在住の頃と比べても、すでに京都の中に住んでるわけですから、自宅近所じゃなくても有名所でも穴場な所でも楽に行けますよ。

そのおかげで、俺が思い描いていた京都暮らし、“観光客気分を無くさずに”日々を暮らすことができてます

(o^-')b

 

 

京都は移住には向いていないと仰ってる方もいらっしゃるようですし、その反面、京都への移住をプッシュする方もいらっしゃるようですが、俺から言わせればただの一言、

『住めば都』

これですよ。

 

あんなに雪が積もったのなんて初めてだったし、寒さも暑さも確かにお隣の大阪とは違いもある。

(もちろん全ての人がそうだとは言わないけど)京都地元人の人当たりの悪さ(口の悪さ?)もすでに経験したし、時期それぞれのイベント事での観光客ラッシュも喰らったりもしてます。

 

少しは慣れたわ(笑)

 

 

ま、多分色々な理由があってどうしてもダメだって諦めて帰る人もいるんでしょうが、俺みたいに独身で、それなりの年齢になっても「一度きりの人生なんだ、自分の好きなことをやり続けて生きてやるぞ!」ってな思いがあるのなら、これは京都に限らずですが、移住するというのはいいと思いますよ。

そこに望むものがあるのなら・・・ですが。

 

これが例えば俺が妻子持ちだったとすれば話は随分と違ってくるんでしょうし、難しいものになってたのかも知れませんがね・・・

( ;´▽`A``

 

 

移住をするのに人気の街、京都。

この京都に移住しようかと考えてる人、悩んでる人に偉そうに助言できるほどではないですが、実際にこうして京都に移住した俺は今は生活落ち着かせることができたし、ホントに「楽しい!」と暮らすことができてます。

移住、失敗してないって言えますよ。

どうぞ存分に考えて悩んで下さいね。

でも自分で選んだのなら後悔がないようにしたいですよね。

「京都はいいぞ!移住にオススメだ!」

と、万人に言えるほど熟知してるわけでもないので、ここまでにしておきます。

 

俺は地元が大阪だからね。

だから実家の家族や地元の友達・音楽仲間が近いからね。

そこがポイント大きいのかも・・・とは自分でも思います。

天空の花園

春は桜、秋は紅葉で美しい景観を楽しませてくれるお寺が自宅から程近い場所にあるというのは嬉しいことで、ここに引っ越してきてからすでに春も秋も楽しませてもらった善峯寺ですが、6月、この時期はこの時期で紫陽花が非常に美しいと評判で、初めて紫陽花の花見をしてきました!

f:id:mockingbird916:20180624150822j:plain

 

神経痛や腰痛などの“痛み”について霊験あらかた御利益があるお寺で、日本一の松【遊龍の松】があり、JRのCMでここの桜が起用されて人気もあり、市街地から離れて山に入っていった場所にあっても春も秋も行楽シーズンは観光客で賑わうお寺です、善峯寺

今まさに紫陽花の時期なので観光客多くなってるかと思って午前中から行ってきたんですが、やっぱり人は多かったですね

(;´▽`A``

 

・・・とは言え、俺が帰る頃にはもっと増えてましたけどねww

 

さて、今回のお目当ては紫陽花です。

f:id:mockingbird916:20180624150959j:plain

高台にあるお寺なので、京都市街地を見下ろす景色が見れるのですが、そこに紫陽花。

 

こちら、善峯白山・櫻あじさい苑

f:id:mockingbird916:20180624151126j:plain

とある観光紹介サイトの一文を拝借しますが、

『絶景!善峯寺のあじさい苑はまるで天空の花園』

約1万株の紫陽花が植えられてて、京都でも1、2を争う規模なんだそうです。

f:id:mockingbird916:20180624151229j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180624151255j:plain

では、そのあじさい苑に降りて見に行ってみましょ!

( ̄▽+ ̄*) 

f:id:mockingbird916:20180624151411j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180624151341j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180624151357j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180624151427j:plain

色とりどりですごく綺麗です!

今まで俺は紫陽花のことをナメてましたね(笑)

こんなに綺麗なもんだったとは・・・

(;´▽`A``

梅雨時期に咲く、雨が似合う花という印象で、そういう意味では一年の内に咲く花の中でも特別な花である、季節を表す花という認識はしてたけど、こんなにずらりと並んでいるのを見ると、桜や藤のように、この花や、この花がある景色を目的にお花見をするというのもわかります。

f:id:mockingbird916:20180624151516j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180624151547j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180624151559j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180624151616j:plain

 

紫陽花もいいもんですね。

今の時期だと、例えばお庭があるようなお宅の庭先とか玄関、ちょっと緑があるような道端だったりで紫陽花を見かけることはあるけど、さすがにこんな大量に咲き乱れてるのを一度に見ることはないですからね。

あじさい苑ってスゲー!

(≧▽≦) 

 

f:id:mockingbird916:20180624151710j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180624151724j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180624151738j:plain

ここはもうすでに何度も拝観に来てるお寺なんですが、こうして来る度に違う景色が楽しめるというのは面白いものですね。

それに、今回の紫陽花はちょうど見頃のタイミングだったんだと思います。

たまたま俺の近くを歩いてた御婦人も、感激のあまり

「いっちゃんええ時に来たなぁ!(°∀°)」

(標準語訳:「(紫陽花が咲く)一番良い時期に来れたね!」)

と、大きな声で喜んでましたよ(笑)

 

  

 

今しか楽しめない景色がそこにある。

今日もそれを楽しめました♪

水無月

wikipediaからですが、まずは解説。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
水無月(みなづき)は、和菓子の一つ。
白い外郎(ういろう)の上面に甘く煮た小豆をのせ、三角形に切り分けたもので、京都では夏越の祓(なごしのはらい)が行われる6月30日に、1年の残り半分の無病息災を祈念してこれを食べる風習がある。
平安時代には旧暦6月1日の「氷の節句」の日に、氷室から氷を切り出して食し暑気払いをする宮中の風習があった。
三角形に切った白い外郎(ういろう)はこの氷をかたどったものとも、四角を半分にしたことで1年の半分を示しているとも言われており、また、小豆の赤い色にも厄除けの意味があるとされている。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

・・・ということです。



そうなんですよ、ここんところ街で見かける和菓子屋さんの玄関には『水無月』、もしくは『みな月』と書かれたポスターやのれんが出てるお店がほとんどで、しかも『6月30日まで』という表記もあったりして、
「ん?『水無月』というお菓子はこの時期の期間限定のものなの?」
と思って気になってたんです。


で、ようやく真面目に調べてみて、
「あ~、これ『水無月』って名前だったの?俺、これ知ってるよ!」
ってな感じでした(笑)

・・・なんつーか、うち(実家)ではこれも『外郎』で通ってましたから(笑)
( ;´▽`A``
ん~、例えるなら、八つ橋なんかだとペラッペラの八つ橋もあれば、餡子を包んだ八つ橋もあれば・・・だけど、結局呼び名は「八つ橋」で通るじゃない?
そんな感じで、この正式名称『水無月』も、うちでは呼称『外郎』でした(笑)
正しくは『水無月』だったのですね

( ;´▽`A``


なるほどなるほど。
もちろん全京都人がそうしてるってわけではないでしょうけど、せっかくこうして京都で暮らしてるんだから、そういう京都の風習に乗っかってみるのもいいじゃない♪

・・・暮らしてても中身は全然大阪人のままなんやけどな(笑)
まだ6月30日の夏越の祓の日ではないけど、あっちこっちの和菓子屋さんが挙って水無月を販売してるんなら、食べてみようじゃないか
о(ж>▽<)y ☆




つーわけで、

f:id:mockingbird916:20180614193935j:plain

いただきました。

 

お仕事の配達中に通りかかる和菓子屋さんは沢山あるけど、今回は向日市にある菊寿さんで買ってみました♪

www.muko-kankou.jp

 

 

うん、やっぱり知ってる味だわwww

 


でもまぁ、こういうのは気分だからね♪
「ほうほう、京都の人はこれ食って夏を迎えるのね。これ食って残り半年頑張っていこう!って気持ちになるのね。そうかそうか・・・。」
という気分で十分なんスよ♪

詳しく解説してくれてるページもあるので、リンク

水無月は京都の和菓子!なぜ6月30日に食べるの?その由来は?

 

 

 

何も京都観光ってのは寺社仏閣などの歴史史跡、観光地を巡るだけじゃないよね。

食を楽しむ観光ってのもいいんじゃない?

( ̄▽+ ̄*)

 

京都に住むようになったからって意識をしてるわけではないんですが、事実、こっちで暮らすようになってから

「せっかく住んでんだから、京都での美味しい和菓子をもっと知りたい!」

という欲は強くなってます。

・・・それは知識の欲だったり単なる食欲だったりですがね(笑)

 

 

多分、夏越の祓という6月30日までにもう何個か食べると思いますが、それこそ“せっかくなんだから”色んなお店の水無月を食べて味比べをしてみようかと思います。

春の特別拝観

やっと行けましたよ、京都観光
( ;´▽`A``

 

ってゆーか、やっとここのブログ更新できましたよ

( ;´▽`A``

一ヶ月以上サボってしまいました・・・。

書くことはあったんですよ?

事実、「これ、ブログネタにいいね!」って思ったものを写真に撮ってはてなブログの下書きにアップはしてたんですけど、結局そのあと本文を書くことなく時間は過ぎていき・・・と、全然更新しないままもう6月になっちゃいました

( ;´▽`A``

 

 

5月のGWではそれこそブログネタになるようなことが日々色々とあったのですが、もう過ぎたことを今更ここに書くのも違うでしょうし、その熱はすでに冷めましたよ(笑)

それでも全然京都観光周遊はできず、「そろそろ京都行きた~い!」って思ってたんです。

京都に住んでますけど(笑)

観光に・・・ね。

 

ってなわけで、改めて今日のできごと書きましょう。

 

今日は久しぶりにフリーな時間を取れたので観光してきました。

本日のお目当ては瑠璃光院

rurikoin.komyoji.com

 

自宅から車で出町柳駅へ行き、そこから叡山電鉄で八瀬駅まで・・・というコースを取ってみました。

初めて乗りましたよ、叡山電鉄なんて。

出町柳駅のホームに入ってみると・・・

f:id:mockingbird916:20180602194522j:plain

ゆるキャン△なでしこがいました(笑)

どうやら叡山電鉄とのコラボで何かイベントがあったそうですね。

声優さんの直筆サイン入りのポップでした!

f:id:mockingbird916:20180602194530j:plain

 

そのお隣には・・・

f:id:mockingbird916:20180602194549j:plain

『NEW GAME!』青葉ちゃんがいました(笑)

詳しくは叡山電鉄のHPに載ってました

eizandensha.co.jp

 

 

さて、京都観光の話に戻して・・・。

 

八瀬駅から自然あふれる道を数分歩けば到着です♪

f:id:mockingbird916:20180602194557j:plain

 

瑠璃光院

f:id:mockingbird916:20180602194540j:plain

4月15日~6月15日までの期間限定の“春の特別拝観”

期間限定だからなんでしょうが、すごい人でした。

拝観時間は10時からで、俺が到着したのが10時10分くらいでしたが、すでに長蛇の列。

そこから受け付けを通るまで30分弱ほど待機でした・・・

( ;´Д`)

 

f:id:mockingbird916:20180602200105j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180602200127j:plain

 

 

f:id:mockingbird916:20180602201327j:plain

TwitterだったかFacebookだったか忘れましたが、今回この瑠璃光院のことを知ったのはそういったSNSからでした。

そこで見かけた写真で、「これはぜひ実際にこの目で見たい!」と思っていた景色がこちら

f:id:mockingbird916:20180602200155j:plain

書院の2階からの景色。

写経をする黒壇の机に窓の外の木々の景色が映ってるんです!

f:id:mockingbird916:20180602200340j:plain

なんか水を張ってるように見えてしまいますけど、これ机です。

この角度の写真ならわかるかな・・・と。

f:id:mockingbird916:20180602200437j:plain

 

f:id:mockingbird916:20180602200457j:plain

いや~、すごいもんでしたよぉ~!

( ̄▽+ ̄*) 

カメラで撮るからそういう風に見えるというギミック。

実に面白い。

実際に生で見てみると、確かに青もみじは綺麗だし、部屋の空気とも相まって良い雰囲気なんですが、ただ立ってその机から庭を見てるだけだとあそこまで派手には見えません。

反射して見えるというのが面白いところでした。

 

床にだって、ほら

f:id:mockingbird916:20180602200726j:plain

 

SNS用なのかどうなのか、ただひたすらに写真撮り続けてる人もいて、なんかもうすんごい姿勢でカメラ構えたりしててね、そういうの見ちゃうと、
「この人必死過ぎて草生えたwww」
とかってそんな姿勢の人を撮ってネットにアップしたくなったりもしたんですが、いえいえ、そういうのはよろしくないですよね(笑)
もちろん景色を撮るのもいいんですが、今その目の前にあるこの景色をもうちょいじっくり楽しんでみては如何でしょうかね

┐( ̄ヘ ̄)┌

f:id:mockingbird916:20180602200947j:plain

お茶と一緒に・・・ね♪

f:id:mockingbird916:20180602201010j:plain

 

カメラを床に置いて、そのまま撮影。

f:id:mockingbird916:20180602201033j:plain

実はこんな場所で、ただの廊下というね(笑)

f:id:mockingbird916:20180602201114j:plain

 

人が多かったですけど、それでもじっくりと庭園を楽しむことはできましたよ。

場所待ちになってるから写経なんかはしませんでしたが・・・。

f:id:mockingbird916:20180602201352j:plain

 

 

帰り間際に気付いたのですが、鯉が泳いでる池、よく見るとイモリがいました。

f:id:mockingbird916:20180602201307j:plain

「おぉ~!イモリ久し振りぃ~!」

って、ちょっとテンション上がりました(笑)

 

 

出町柳まで戻ると、アニメたまこまーけっとの聖地の商店街をぶらぶらしてから帰りました。

久々にできた京都観光ですし、他にも寄りたい観光スポットはあったんですが、今日は午後からは用事もあったのでこれだけです・・・
( ;´▽`A``

 

短い時間ではありましたが、とりあえず今日のところは見たかった景色を楽しむことができて大満足でしたよ♪

家系

少し前の話ですが、お仕事での俺の配達担当地域に新たにラーメン店がオープンしました。

 

 

町田商店 長岡京

www.eak-ramen.jp

 

配達中に見かけてて、

「あ、ラーメン屋さんできるんだ・・・」

と思ったら、まぁ食べたくなりますよね

( ´艸`)

 

お仕事中にこういった飲食店に入って食べる時間というのはなかなか確保できないので、先週の休みに行ってきたんですよ

( ̄▽+ ̄*) 


f:id:mockingbird916:20180423081908j:image

こうして出された時に、

「あ、俺このラーメン知ってる!」

って思っちゃいました(笑)

 

いわゆる横浜家系ラーメンというのは、どこでも似たようなラーメンが出てくるもんなんですね(笑)

大阪は日本橋ヲタロードにも家系ラーメンのお店があって、実は結構気に入ってるお店なんです♪

www.konshinya.com

 

 

食べてみれば、今回の町田商店のラーメンと魂心家のラーメン、味が激似です(笑)

もうね、ほぼ同じと言ってもいいですよ(笑)

俺自身があまり家系ラーメンのお店を知ってるわけじゃないから、こう思っちゃうのかも知れませんがね・・・

( ;´▽`A``

でもあまりにも気になったものなので、町田商店で食べた味を憶えてる内に、日本橋ヲタロード魂心家のラーメンも食べに行ったんですよ。

 

・・・あ。

いえいえ、ラーメンの味くらべが目的だったわけではなくて、たまたま近い日に心斎橋の方で用事があったものなので、どうせミナミまで行くなら日本橋ヲタロードにも足を伸ばしたいというのがアニヲタ気質溢れる俺の行動パターンなんですよ(笑)

ヲタロードに来たなら、「あ、そうだ。比べてみよう。」って思い出すじゃないですか(笑)

 

やっぱり激似でした(笑)

でもね、若干スープの味がちょっと違うかな?

俺の好みの話ですが、魂心家のラーメンの方が好きかも・・・です。

 

家系ラーメンってのは好きな人とそうでない人に大きく分かれるとは思いますが、俺は好きです。

しかし、だからってそんなに頻繁に食べるものではないなぁ~と思いましたね・・・(苦笑)

 

 

自宅から近いってわけでもないですが、それでも俺自身は基本的に車生活ですし、自分の配達担当地域というのもあってお店までの裏道・近道に詳しい場所ですから、また食べに行こうとも思いますよ♪

( ̄▽+ ̄*) 

 

 

 

なんか、昔はラーメンと言えば細麺であっさり系スープというのが俺の好みだったんですが、いつからか太麺でもこってり系でも、もうなんでもかかって来い!の好みになっちゃいました(笑)

今でもどちらかと言えば細麺あっさり系の方が好みではあるんですけど、もうラーメン全般が好きと言ってもいいです(笑)

高安

以前に書いてたこと・・・emigrant.hatenablog.com

 

で、ようやく、本当にようやく、ちゃんと(?)一乗寺のラーメンを食すことができました

о(ж>▽<)y ☆

こっちに引っ越してきて一年以上経ってようやくですよ(笑)

 

前記事に書いてたお友達と遊んでた後に、そのお友達と一緒に行きました京都のラーメン激戦区、一乗寺

今回選びましたお店は、

f:id:mockingbird916:20180410204748j:plain

中華そば 高安

takayasuramen.com

 

大阪に住んでた時からそのお友達とはよく食事に行ってたし、それもジャンル様々だけどやっぱり男二人となるとラーメン率も高くなるってもので、えぇ、よく一緒にらラーメンする仲なんですよ。

でね、俺がこっちに引っ越してきてからもよく遊びに来てくれてるんだけど、ゴハンする時になると“京都で食べれる美味しいお店=大阪では食べれないお店”って感じのを選びたいじゃないですか、やっぱり。

そのお友達に京都でのラーメン激戦区・一乗寺のことを話せば、乗ってくるわけですよ(笑)

じゃ、行こうよ!って。

 

俺が運転してる最中にお友達がスマホで検索してくれて、お店を選んでくれたんだけど、それでもお友達もテンション上がってたのか

「お~、いいな、どこも美味しそうだ♪」

と、あれもいいな、これもいいなと悩んでました(笑)

ハシゴしようかとか言ったりして(笑)

 

その中でも、どうやら一番気になったのがこの高安牛すじラーメンのようで、そこに決めました。

一乗寺の人気店だときっと行列できてるだろうから、それは覚悟してね。」

と話して、まだ慣れてない一乗寺方面へ車走らせてお店に辿り着きました♪

 

夕食にはまだ少しだけ早めの時間帯だったというのもあってか、行列というほどの待ち時間でもなかったです。

 

 

さて、店内に案内されて着席。

二人揃って牛すじラーメンを注文してみれば、

「すいません。今日の分はもう完売しました。」

・・・と。

 

(゚Д゚;)

 

 

悩んだ末に選んだ牛すじラーメンが、いざお店に入って席について注文してみれば完売・・・と。

二人共完全に牛すじラーメンのお腹になっていたというのに・・・(笑)

 

だからってそこでゴネてもしょうがないので、諦めて注文しましたのがチャーシューメン(&半熟たまご入り(友達と半分ずつ))。

f:id:mockingbird916:20180410204752j:plain

あと、人気メニューらしいのでからあげ定食プラスにしました。

 

ラーメンの感想を率直に・・・。

 

 

美味しかったです。

見た目ほど濃い味ではなくて、ちょうど食べやすいくらいのこってり感。

ラーメンだけで食べても満足できるくらいです。

特にスープが美味しかったです!

( ̄▽+ ̄*) 

 

問題は、セットで注文したからあげ。

これがセットでごはん&からあげ(3個)となるんですが、そのからあげかなりの特大サイズ(笑)

いわゆる“普通のお店”で出されるからあげの3倍くらいの大きさ(笑)

 

めっちゃ美味しいんですよ、からあげ。

でもサイズが大きすぎ(笑)

チャーシューメンでそこそこお腹ふくれるのに、そこに3倍サイズのからあげが3個もあったら、そりゃお腹苦しいくらいにいっぱいになりますよ(笑)

 

お友達も

牛すじラーメン食べれへんし、デカすぎたからあげ(3個)のせいでお腹が苦しくなって、こんなんラーメンが美味いとかそんなんわけわからんくなったわ・・・」

と話してました(笑)

 

同感です

( ;^_^A

 

 

【教訓】

腹八分目でこそ食べ終わった後の美味しい満足感が味わえるというもの。

 

ラーメンに限らず・・・ね。

 

 

 

 

ま、それはそれとして、都ファンのラーメン好きの俺の中では、ようやく一乗寺のラーメンを食べることができたことにまずは満足です(笑)

今後またチャンスがあったら他のお店にも食べに行きますよぉ~♪

今回一緒に行ったお友達も、一乗寺のあのラーメン店だらけの街並みを見てテンション上がってましたし、また今度一緒に行こう!とも話してましたしね♪

牛すじラーメンは残念だったけど、今度一緒に行く時は違うお店を攻めに行こう!とも言ってました(笑)

 

 

 

ちょっと遠いんですよねぇ、うちから一乗寺は・・・

( ;^_^A

 

 

 

あ、そうそう、ラーメンと言えば・・・。

 

近々うちの近所(徒歩5分以内)にお気に入りラーメン店の一蘭がオープンすることになってます

( ̄▽+ ̄*) 

確かオープンは明後日・・・だったかな?

 

これは素直に嬉しいです!

一蘭、好きなんですよぉ♪

いや~、こんなすぐ近くにできるなんて、引っ越してきたのがこの街でよかったですわ(笑)