読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Because...

現在、京都への移住完了までの道のりで言えば、

住む場所が決まった

だけです。

(;´▽`A``

実際のところ、移住先の新居は賃貸マンションで、「俺この部屋住みたいです!」と初期費用からの手付金を支払って、つい先日に入居審査をクリアしたところで、今はそこの契約書待ちです。

契約書の記入やら捺印やらを済ませて初期費用残金支払ってその部屋が晴れて俺の新居と相成ります。

 

予定では、来年1月中旬あたりに引っ越しができるかな・・・と。

 

引っ越してからが大変なんだけど、またそれはそれでその時になったら書いていこうと思います(笑)

 

 

 

さて、この度の俺の京都移住計画、住まいは当然のことだけど、お仕事も転職する方向を取っているので、今の職場に「仕事辞めます。」って言わなきゃいけなかったわけじゃないですか。

すでにそこはクリアしてますが、年内いっぱいで退職となってる上に、特に俺が抜ける後に新入社員を迎え入れるという姿勢ではないので引き継ぎなども特になく、退職願を出した日からず~っと今日までいつも通り平凡に過ぎてます。

多分明日からもそうでしょう(笑)

 

で、社長様にその“辞めます宣言”をした時に、これも当たり前のように返されるセリフで、

「なんで辞めるの?」

となりますよね。

変に嘘をついてもしょうがないので、そこは正直に

京都へ行きます。」

ってなことを伝えると、ここからもまたまた当たり前のように返されるのが、

「なんで京都なの?」

 

これですよ。

 

前にも書きましたが、実はこの度の京都移住計画はリベンジです!

emigrant.hatenablog.com

過去に失敗(?)をしたわけですが、その当時、同じく周りの人(当時は実家暮らしだったので親や、一緒に活動しているメンバー)からは、

「なんで京都なの?」

と言われてました(笑)

 

2日程前、スマホにメール(←LINEではなくて 笑)が飛んできまして、兄から

京都に引っ越すって聞いたけど、そうなの?」

と。

「そうだよ。」

って素っ気なく答えたら、

「なんで京都なの?」

 

ここでもかぃ!

Σ(゚Д゚)

 

 

ま、そうですよねぇ。

大阪で育ってきて暮らしてて、特に不便もなく・・・ってゆーか、むしろ便利な暮らしを送ってるのにわざわざ京都まで移るなんて、「なぜ?」って思われますよね。

 

親しい友達なんかは

「あぁ、お前京都好きやもんなぁ」

とか

「いつか住みたい!って言ってたよねぇ」

なぁんてすぐに理解を得れるのですが、そうじゃないポジションの方々からすれば疑問なんですよね。

 

その「なぜ?」にここで改めて答えましょう。

 

 

京都が好きだから。

 

のみ!

 

ホントにそれだけなんです

(^_^;)

あまりにも一言で言い過ぎてますけど、あーだこーだナンダカンダ言ったとしても結局はそこに繋がるんです。

その「好き」に繋がるんですよ。

 

日本古来の町並みが残る古都・京都。

雅やかな景色に四季折々の表情に魅了され、それが私の心を感動させて・・・

とか?(笑)

( ´艸`)

 

要するには好きだからそこに住みたいってだけなんですよ。

 

「でも京都なんてそもそも大阪の隣なんだから、京都が好きだって言うならいくらでも遊びに行けばいいじゃないか。」

とも思われるでしょうが、そこが俺の変人なところなんですねぇ(笑)

確かに最初は観光から始まった俺の京都好きですが、その観光周遊を度重ねていけば、さっきの文じゃないですけど魅了されて、そこから観光という表面と言うか側面とも言うべきか、そういった外側だけじゃなくて、その中に入りたい!その中で暮らしていきたい!そこで生きていきたい!とまで思うようになったんですよ、俺は。

 

うん、だからやっぱり要するに「好きだから」って返事になりますよね(笑)

惚れたんです、あの街に。

 

京都と一言で行っても京都府というのはかなり広いですが、俺がここで差している京都というのは主に京都市です。

もちろん他の市でも好きな地域はありますよ♪

一つ例えるなら、美山はツーリングで行きましたがとても長閑で素敵な場所でした。

でも“暮らしたい”と思ったのは(主に)京都市の方です。

 

先程例えに出した美山のみなさん、失礼しました。

<(_ _)>

(↑好きなのはホントですよ?)

 

 

 

そんなわけで、俺の京都移住に「なぜ?」というクエスチョンを投げられる方々に俺が答えるのは「好きだから」です。

 

好きだから

(ι`・ω・´)ノ キッパリ!!

 

 

とある誰かさんから見れば、すごく勇気のある行動かも知れないし、別のとある誰かさんから見れば、すごく愚かな行動かも知れないし、また別のとある誰かさんから見れば、納得の行動かも知れない。

価値観なんて十人十色です。

 

ただ、今俺は今の俺の行動、この選択をしたことに後悔はないですし、むしろ自分の好きな場所で暮らすことができる、そこを選ぶことができたことを幸せに感じてます。

 

・・・って、今はまだまだ移住前の段階。

そんなことを偉そうに言えるのは移住してから、その生活を維持できるようになってから・・・ですね

(;´▽`A``