読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『理想と現実』の理想の方

長年の念願叶って京都へ移住することになって、引っ越しはまだ約2ヶ月弱先とは言え、京都へ引っ越したらあれがしたい、これもしたいという欲は日に日に強くなってきますね。

 

そもそも京都観光から俺の京都好きが始まって、今でもやっぱり好きなままなので、住処を京都へ移すとなればまず最初に思い浮かぶのが、

これでいつでも好きな時に京都観光ができるぞ!

となりますよね(笑)

 

そりゃお仕事もあるし、お金の都合もあるだろうし、俺の活動の本拠地は大阪のままなので休日や平日でも夜中などには頻繁に大阪へ出向くことになるってことを考えると、そんなに毎日毎日観光してる暇もないだろうけど、そこに住むということはそこの中に入ってるってことなので、大阪在住の今までとは全然違いますよ。

俺は移住しても観光客気分を大切にしていたいと思ってます。

お仕事の転勤とか、或いは結婚して生活の場を移すというのではなく、京都が好きで移住するんだから、この気持ちは大事に持ち続けていたいと思いますよ。

 

実際に俺は生粋の大阪人ですから、京都のどこを歩いていても

「地元とは違うなぁ」

と感じる部分は多々あると思うんです。

 

もちろん良いことばかりじゃないでしょうが、むしろ良いところ以外のことを知りたくて・・・って、知った上で好きでいられる変な自信まであったりしてますし(笑)

 

きっと

「そんなのはすぐに飽きるぞ」

という御意見もあるのでしょうが、考えてみてくださいよ。

 

もういい歳したおっさんがそれでもそこで暮らしたいからと、それだけの理由で移住するんですよ?

20歳やそこらの、まだいくらでもやり直しが効くお若い方々の甘々な考えで移るのとは違うんですよ。

それは何も

「俺は飽きないから!」

と反論するのではなく、それも含めて“京都好き”を続けていきますよ。

 

だから観光客気分を大事にしていたいんです。

憧れの街へ移って、いつでもどこでも何にでも新鮮な気持ち。

 

ほら、住みたい街へ移るというのは、そういうことだと思いませんか?

(^-^)

 

 

 

観光ガイドブックに載ってるようなことを全制覇する野望。

 

結局先に述べた京都観光し放題と似たようなことだけど、俺の後の人生そこで過ごし切る覚悟でもあるので、京都好きが高じて移り住むんだし、それくらいのことはできる時間作れるでしょ

(o^-')b

俺の寿命があと何年あるのかなんてことはわからないけど、誰か・何かのためにじゃなくて、ただただ自分のために人生楽しもうと思ってる一面です。

 

 

他に、

京都の観光、街の情報発信。

 

これはもうすでに何人もの方々がやってらっしゃることだと思います。

インターネットを利用していれば誰でもホームページを作れる時代ですし、SNSなどで自分の好きなことを好きなだけ語れる場をいくらでも作れる時代でもあります。

こういうブログなんかが最たる例ですよね。

 

京都ファンの方々、京都在住で我が街大好きって方々、それこそ俺みたいに好きで移住してる方々。

中にはただの暇つぶしでやってる方々もいるかも知れませんが・・・(笑)

 

俺は決して詳しくはないけれど「好きだ、好きだ」と周囲に豪語してる奴なので、そんな奴がついに京都へ移住したとなれば、あれだこれだを自慢するに決まってるじゃないですか。

 

そういうことをするなら、観光業者さんレベルにならなくても、もっと庶民派な視点ででも何か書いていくことはできると思うんですよ。

時間さえあれば書くのは好きですし。

んでもって、そういうのをしながら自分で街のことを学んでいけると思うんですよ。

書くということはそれについて何らかの知識がないと書けないですからね。

少し知ったことを書くためにその件について調べて、そこでまた発見があったりとかするのは経験上よくあるパターンです。

そうして自分から発信した“好き”を、共感してもらえる誰かの目に留まって、参考にしてもらえたりしたら嬉しいじゃないですか

(≧▽≦)

 

ここのブログを立ち上げたのも、移住後にそういうことができたらいいなと思ってのことでもありますしね。

 

誹謗中傷はよろしくありませんが、書くのは自由ですからね♪

 

 

長くなってきたけど、最後に手短にもう一つだけ。

“京都好き”の仲間を作りたい。

いろんな情報交換ができるようになると思うんですよねぇ、そういったお友達ができたら・・・。

 

『京都移住計画』というサイトを御存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、

kyoto-iju.com

こういうサイトを利用して、そういったお友達、人との繋がりを増やすのもいいかとは思います。

 

 

 

 

タイトルに書きました通り、今回の記事で書いてるあれこれは、まだ移住前の段階だからこそ言えることなのだと思います。

『理想と現実』の理想パートですね。

それはわかってはいますが、その『理想と現実』の現実パートの方が理想パートと同じ、或いは程近ければ、そんなに嬉しいことはないじゃないですか。

 

希望を持って暮らす者としては、なるべくその現実パートを理想パートに近付ける努力もしなければいけませんがね。

 

 

 

他にもまだまだ理想パートはありますが、今回書くのはここまでにしておきます。

・・・長くなっちゃいますからね

(;´▽`A``