水無月

wikipediaからですが、まずは解説。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
水無月(みなづき)は、和菓子の一つ。
白い外郎(ういろう)の上面に甘く煮た小豆をのせ、三角形に切り分けたもので、京都では夏越の祓(なごしのはらい)が行われる6月30日に、1年の残り半分の無病息災を祈念してこれを食べる風習がある。
平安時代には旧暦6月1日の「氷の節句」の日に、氷室から氷を切り出して食し暑気払いをする宮中の風習があった。
三角形に切った白い外郎(ういろう)はこの氷をかたどったものとも、四角を半分にしたことで1年の半分を示しているとも言われており、また、小豆の赤い色にも厄除けの意味があるとされている。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

・・・ということです。



そうなんですよ、ここんところ街で見かける和菓子屋さんの玄関には『水無月』、もしくは『みな月』と書かれたポスターやのれんが出てるお店がほとんどで、しかも『6月30日まで』という表記もあったりして、
「ん?『水無月』というお菓子はこの時期の期間限定のものなの?」
と思って気になってたんです。


で、ようやく真面目に調べてみて、
「あ~、これ『水無月』って名前だったの?俺、これ知ってるよ!」
ってな感じでした(笑)

・・・なんつーか、うち(実家)ではこれも『外郎』で通ってましたから(笑)
( ;´▽`A``
ん~、例えるなら、八つ橋なんかだとペラッペラの八つ橋もあれば、餡子を包んだ八つ橋もあれば・・・だけど、結局呼び名は「八つ橋」で通るじゃない?
そんな感じで、この正式名称『水無月』も、うちでは呼称『外郎』でした(笑)
正しくは『水無月』だったのですね

( ;´▽`A``


なるほどなるほど。
もちろん全京都人がそうしてるってわけではないでしょうけど、せっかくこうして京都で暮らしてるんだから、そういう京都の風習に乗っかってみるのもいいじゃない♪

・・・暮らしてても中身は全然大阪人のままなんやけどな(笑)
まだ6月30日の夏越の祓の日ではないけど、あっちこっちの和菓子屋さんが挙って水無月を販売してるんなら、食べてみようじゃないか
о(ж>▽<)y ☆




つーわけで、

f:id:mockingbird916:20180614193935j:plain

いただきました。

 

お仕事の配達中に通りかかる和菓子屋さんは沢山あるけど、今回は向日市にある菊寿さんで買ってみました♪

www.muko-kankou.jp

 

 

うん、やっぱり知ってる味だわwww

 


でもまぁ、こういうのは気分だからね♪
「ほうほう、京都の人はこれ食って夏を迎えるのね。これ食って残り半年頑張っていこう!って気持ちになるのね。そうかそうか・・・。」
という気分で十分なんスよ♪

詳しく解説してくれてるページもあるので、リンク

水無月は京都の和菓子!なぜ6月30日に食べるの?その由来は?

 

 

 

何も京都観光ってのは寺社仏閣などの歴史史跡、観光地を巡るだけじゃないよね。

食を楽しむ観光ってのもいいんじゃない?

( ̄▽+ ̄*)

 

京都に住むようになったからって意識をしてるわけではないんですが、事実、こっちで暮らすようになってから

「せっかく住んでんだから、京都での美味しい和菓子をもっと知りたい!」

という欲は強くなってます。

・・・それは知識の欲だったり単なる食欲だったりですがね(笑)

 

 

多分、夏越の祓という6月30日までにもう何個か食べると思いますが、それこそ“せっかくなんだから”色んなお店の水無月を食べて味比べをしてみようかと思います。